オリジナルパーカーを作成する際の素材や種類の選び方

オリジナルパーカーの選び方

男性

パーカーを作成する

既製品だけでなく、自分のこだわりがつまったオリジナルパーカーを作成する場合は、取り扱っているパーカーの素材から業者を探すことで、最適な業者を選ぶことができます。業者により取り扱っているパーカーの素材が違ってきます。なので、パーカーを作成する時期や季節に合っている生地を多数扱っているところでパーカーを作りましょう。裏起毛素材を利用しているパーカーが人気でよく作られていますよ。

パーカー素材を選ぶ時に注意すること

オリジナルパーカーは冬場だけに作られるものだと思われがちです。ですが夏場にも利用されるUV加工が施されているパーカーを作成する方も増えてきています。パーカーといっても様々な種類があり、それぞれ特徴をもっています。しかし、素材や形状によって文字が印刷できないものや値段が上がってしまう場合もあるので、注文する前によく確認をしましょう。

生地への印刷、加工方法の種類

  • シルクプリント
  • デジタル転写(型なし)
  • デジタル転写(型あり)
  • インクジェット
  • 刺繍
  • カッティングシート
  • 昇華転写
  • フロッキー
  • ラインストーン

オリジナルパーカーにおすすめの種類ランキング

no.1

プルオーバーパーカー

1位のプルオーバーパーカーはスタンダードな形状をしていることもあり、作成者の数が多くなっています。素材が綿100%で作られており、カンガルーポケットが前面についているのが特徴です。また、前面にチャックがないので、好きなデザインのプリントなどを入れやすいでしょう。

no.2

ジップアップパーカー

2位は、ジップアップパーカー。前面の中央にチャックが付いているパーカーになります。プルオーバーパーカーと同じで綿100%になっていますが、前面にチャックが付いているので、プリント可能な範囲が少し狭くなってしまいます。胸へのワンポイントなどのチャックに干渉しないプリントであれば問題なく可能です。

no.3

ナイロンパーカー

3位のナイロンパーカーは軽量で薄めになっている形状です。また価格が安くなっているので、一度に大量の注文を行なうイベントスタッフの注文が多いです。しかし、ナイロンパーカーも前面にチャックが付いているので、チャックに干渉するプリント以外で印刷することがポイントになります。

広告募集中